これからの私

これからの自分を見つめるブログです。看護師一年目になりました。

強迫観念

この時間に

必ず風呂に入って、

 

この時間に

必ずご飯を胃に入れて、

 

11時には眠りにつく。

これが平日の私のルール。

 

 

今日は高速道路が渋滞していて、

精神科につくまで非常に時間がかかった。

 

片道3時間。

早く、近くのメンタルクリニック

転院したい。

 

風呂の予定時刻に間に合わず、

車中は絶望と怒りで、

助手席でイヤホンをして

三角座りで音楽を聴いていた。

 

「もう駄目だ、間に合わない」

「サービスエリアにも寄らないで欲しい」

「早く家に帰りたい」

 

そんな思いばかりを胸に抱いていた。

 

帰宅即風呂、

食事は注入タイプのゼリーで済ませた。

 

癇癪を起こしていて、イライラしっぱなし。

焦りばかりの中で風呂に入った。

 

その後、服薬。

これでやるべき事は一通り終わった。

後は11時に眠るだけ。

 

来月も、片道三時間かけて診察がある。

また、しんどくなるのだろうか。

 

嫌だな。

早く近くに転院したい。

 

増える傷

就職先の面接結果を待ち続けている。

こんなに待ち焦がれているのに、

電話は鳴ってはくれない。

 

合否に関わらず電話が来るそうだけど、

来ない。来ない。来ない。。。

 

働いている友人達を見て、

焦燥感と不安に駆られて 腕を切りました。

そして、母のパキシル10mgを34錠投下。

 

f:id:ru_ruten:20180904112300j:image

f:id:ru_ruten:20180904112306j:image

 

今もまだ、ボンヤリしています。

 

※増えていく傷

今日は受診日でした。

 

病院をやめて次の仕事の面接を受けた事、

抑鬱に負けて首吊りも未遂で終わった事、

リストカットエスカレートし止まらない事

ブロンODもしていた事

 

など話しました。

 

薬は増えることはなく、

フルボキサミン1Tだったのが、

0.5Tに減っただけでした。

 

内心、薬が増えると思っていたのが、

「離脱が出るから」

との事で半錠に減らしたのみ。

それ以外に服薬は変わってません。

 

f:id:ru_ruten:20180830005710j:image

f:id:ru_ruten:20180830005716j:image

ハサミで何とかパックリ行ってくれました。

(月の字に切って皮膚をもぎ取っただけ)

 

f:id:ru_ruten:20180830005807j:image

衝動的な首吊りも、息が出来ず苦しくて、

結局未遂で終わりました。

 

死ぬ死ぬ詐欺ばかりを繰り返すクソメンヘラ。

今日も晩御飯、食べなかったな…。

今や体重は45kg台に。(MAX52kg)

そのうち 背高ノッポの細ガリになりそうです…

 

 

受診から帰宅後、希死念慮が激しく

自殺未遂となりましたが、

自分を許せずに、

ストナリニカプセルを2シートOD。

 

ちなみに何も起こってません。

幻覚でも見えるかと、

やや期待しているのですが…

 

今日はこのまま 眠りにつきそうです。

 

消えない傷痕

アームカバー楽天で頼んだ。

すぐに届くと良いんだけれど。

 

バカなことしたなあ。

でも いつしかまた切るだろう。

薬でなんとかなるものじゃない。

 

 

追記

f:id:ru_ruten:20180825134229j:image

早く白く瘢痕化してくれ。

こんな腕の看護師が

貴方の前に現れたらどう思いますか?

きっと、引きますよね。

自傷の悪化 ※閲覧注意

ついに 前腕に自傷するようになった。

今までは隠せていたけど、もう出来ない。

 

親友と遊ぶことを母に言うと、

決まって母は機嫌を悪くする。

私にとってその子は親友だけど、

母にとっては害のある子だと考えている。

 

今日も、それが原因で母の機嫌を損ねた。

最終「親なんか要らんと思ってるんやろ?」

とまで言われる始末。

 

誰がそんなことを言ったんだ。

誰も思ってない事を決めつけたように言う。

母自身を嘲笑するかのように、こちらを睨む。

 

言い合いをしていると、「ちょっとしんどくなってきたから外行く」とだけ言い残し、母は外へ出て行った。

母はパニ障を患っている。

それが出たのかもしれない。

 

今日は祖母の入院手続きで病院にいたのだけれど、私も耐えきれずになって、売店へ行き、ハサミと絆創膏を買って、トイレで前腕を自傷

 

親友と家族の歪み これが1つのストレス。

その子と遊ぶ時だけ 門限を付けられる。

 

唯一 心を全て開ける友人なのに。

沈黙が苦にならない友人は、

私にはこの子しかいないのに。

 

 

もう二の腕だけじゃ隠しきれない傷を

今も、付けてしまっている。

没収された剃刀の代わりに、買ったハサミで、何度も何度も重ね切りする。

 

f:id:ru_ruten:20180807012339j:image

 

きっと跡が残るだろう。

のちに後悔するだろう。

でも、まだ足りない。

母の痛みはこんなものじゃない。

もっともっと 切りつけなければ。

 

脂肪が見えるまで、深く

もっと深く傷つけて、自罪感を打ち消す。

 

もう、半袖は勿論 七分袖すら着れない。

これも自分への罰。

まだまだ、切り足りない。