これからの私

ゆっくりとこれからの自分を見つめるブログです。 黒いナースの卵です。

分かっているけど

煙草を吸うために 窓の外の室外機の上にサンダルを置いていた。

数日後の今日 朝からサンダルの事を母に問い詰められた。

「なんで置いてんの?」「夜中誰かと会ってんの?」「紛らわしいような事せんといてくれるか」など 寝起きの状態で言われてしまい、参った。

煙草については両親に内密で吸っている。だから、本当のことは言えず ごまかすしかなかった。

 

こうやってコソコソしている自分も悪いけど、サンダルの1つや2つでそんなに問い詰めないで欲しい というのも感じた。

自分のわがままなのは分かっている。サンダルはもう元の位置に戻して、いっそ裸足で外に出入りしようかな。

こんな自分にも嫌悪してしまう。一人っ子だから、両親の目は一点に私に向けられるのが現状。大切にされていることは身に染みてわかるけれど、自由にしたい所もある。(自由にしてくれている面も多いが)

自分の気持ちと、両親の気持ちで自分の心が板挟みになっている。禁煙すれば済む話なんですが、すぐに辞めれそうもない。どうしたものか。