これからの私

ゆっくりとこれからの自分を見つめるブログです。 黒いナースの卵です。

実習折り返し地点

只今、7月に行くはずだった実習に行っております。真っ盛りの折り返し地点です。

 

実習 1日目は薬もしっかり飲み、落ち着いて実習を乗り切ったのですが、その翌日に38.9℃の発熱。

たった1日 体に負荷が掛かっただけで、少し前からなんとなく感じていた扁桃炎が 熱とともに勢力を挙げ襲い来るとは…。

肉体と免疫に関しては不思議なくらい強かった私が…メンタルは、昔から変わらず ひ弱過ぎますが。

 

その日は一日中熱が出っぱなし、翌日の 実習に行く起床時間(朝5時)時点でも39℃近い熱が続いていたため、結局 2日目の病院実習は1日欠席する事になりました。

しかしインフルエンザは陰性で、公休にもならず…倦怠感がすごかったけど 無理してでも行けばよかったかな。

 

病院で血液検査してもらうと、ついでにヘモ値も出た。f:id:ru_ruten:20171111113646j:image

 あれから何度も自傷はあれど、鉄剤の服用+瀉血はしていないので 表面上の貧血は完全に改善されている。ただ、やっぱり貯蔵鉄がなかなか元の値に戻ってくれない。

瀉血に使った静脈は 採血の時に浮かんでこないから使えないし、輸血したから もう献血には行けないし、鉄が戻るまではすごく時間がかかるし、瀉血の影響は大きいなぁ。(それでもいつか またやりそうな自分がいるのが本音)(あの 自分自身に対する 見下すというか、ザマァ見ろ感が忘れられない)

 

 

あれから、メンクリの方は次の受診まで1ヶ月あるので、服薬は変わってません。

ただ、実習に行き始めた2日目から、自分の両腕から指先までかけて違和感を感じる。

なんだか、自分自身の腕だ、これは自分の意思で自分で動かしている、という事は分かるけれど 、どうにもなにかフィルターが掛かった感じ。

下手に例えると、二人羽織をしている感覚がする。

すぐにネットで色々なものを調べて深読みしてしまうタイプなので、「これは離人症か現実感の喪失の類なのでは…」と考えてしまう。

ページをめくる指先も、携帯を操作する指も、何か変だ。

熱が出てから どこかしらがおかしくなってしまったのだろうか。

 

次のメンクリの受診は21日。

この日にちゃんとこの妙な感覚の事を話してみようかな…

どうかこのまま離人感(?)が悪化せずに また私のメンタルが粉々になる前に、または ならずに実習が終わりますように。