これからの私

これからの自分を見つめるブログです。看護師一年目になりました。

一人の社会人

もうすぐ、四月が終わる。

 

付き添ってくれてた母も、

四月いっぱいで実家に帰る。

農作業で忙しくなるからだ。

 

そこからは、私一人の生活。

久々の一人暮らし。

 

学生の頃とは違った、

凄まじく大きな不安が押し寄せる。

足がすくむ。胸が苦しい。

 

一人で起きて、昼ごはんを作って、

ご飯を食べて、出勤して、帰宅して、

ご飯を食べて、

洗い物や家事をして、

お風呂に入って、明日の早起きに備えて

早々に床に就く。

 

それを、これからずっとしていく。

朝は、6時半起き。

12時までには寝なくては。

 

仕事以外にも、メンクリもあるし、

借金返済振込もあるし、

出さなきゃいけない書類もある。

 

一人で生活を回して行けるだろうか。

夕飯の時間なんて勿体無いと

思うようになりそう。

なにせ、入浴時間は いくら早くしても20分はかかる。髪を乾かすならなおさら15分は加算されて、お風呂だけでかなり時間を取られる。

 

睡眠は貴重だ。

明日の準備さえも。

 

同じ一人っ子で、初めて一人暮らしをする

大学の友達がいるけれど、

その子は本当にしっかりしている。

常識もあるし、世間や世渡りを知っている。

私の知らない事を 何でも知っている。

完璧な子。

歴然の差を この目で垣間見てしまう。

 

私はいつまで経っても子供のまま。

自分の中に自分が無い、一人の子供。

 

側から見れば社会人だけれど

中身は空っぽ、世間知らずの臆病者だ。

薬や自傷でストレスを解消するような。

 

「自分が無い。」

もう何人にも言われた。

自分でもそんなことは分かっている。

でも、どうやって作ればいい?

言われたって、わからない。